★香典袋もインターネットで!★
本気で稼ぎたい方、必見!→ ネットビジネス成功の奥義を公開中

香典袋の書き方について(マナー)

香典袋の中に入れる「中袋」(中包みともいう)には、住所・氏名、金額を書きます。

表には「金額を以下のような漢数字で書きます。

 (一)、(二)、(三)、(千)、(万)

例えば5,000円なら、「金五阡円」と書きます(金五千円でも一応可)。
10,000円なら、「金壱萬円」(金一万円でも一応可)。

香典の中袋の書き方 サンプル

中袋に入れるお金については、「4」や「9」の入った金額はできるだけ避けましょう。
金額のマナーについて   香典金額の相場

中袋の裏側には「住所と氏名を書きます。住所は、郵便番号を書くことも忘れずに。

※最近の市販の香典袋には、記入欄がついているものが多くなっています。
その場合は、記入欄の項目にそって書き入れてください。


※中袋へのお札の入れ方
向きを揃えて、お札の表側(顔のある面)が中袋の裏側になるように入れましょう
(上図参照)。 ※新札は避けるのがマナーです。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://simprich.net/cgi/mt/mt-tb.cgi/425

この一覧は、次のエントリーを参照しています: 中袋の書き方 【香典袋-マナー篇】:

» 香典の中袋の書き方
香典袋(不祝儀袋)の中袋の書き方にも注意が必要です 中袋には表側と裏側があります。 表側の書き方ですが「金額」を漢数字で書きます。 裏側の書き方... [詳しくはこちら]