★香典袋もインターネットで!★
本気で稼ぎたい方、必見!→ ネットビジネス成功の奥義を公開中

香典袋の書き方について(マナー)

表面(おもてめん)の書き方 【香典袋-マナー篇】

香典袋の表面(おもてめん)の書き方 サンプル
仏式・神式の香典袋には、左図のような結び切りの水引き(飾り紐)をかけます。

■水引きの色
・仏式は白黒あるいは双銀(銀一色)。
・神式は白黒あるいは双白(白一色)。


キリスト教式の香典袋には、水引きはかけません。

その水引きの上中央に、「御霊前」「御香典」などの表書きを書きます。
注意!表書きは、宗教・宗派によって異なります

水引きの下中央に、差出人の氏名を書きます。

宗教・宗派による表書きの違い 【香典袋-マナー篇】

香典袋の表書きは、宗教・宗派や儀式の意味によって異なります。

間違えてしまうと失礼に当たることもありますので、相手先(喪家)の葬儀・法要にしたがった適正な表書きを使用しましょう。

ただ宗教・宗派がはっきりしない場合もあるかもしれません。その際には、「御霊前」としておくのが良いでしょう。

宗 教 表書き (よみかた) ※備考
仏 式 御霊前 ※浄土真宗では、使用されない
御香典 ※御香奠とも書く
御仏前 四十九日の法要から使う表書き。但し浄土真宗では葬儀でも使われる
御香料 (ごこうりょう) 御弔料 (おとむらいりょう)
神 式 御玉串料 (おんたまぐしりょう) 御榊料 (おんさかきりょう)
御神前(ごしんぜん) 御霊前
キリスト教 御花料 (おはなりょう)
御弥撒料 (おみさりょう) ※カトリック
御霊前
無宗教式 御霊前

差出人の書き方 【香典袋-マナー篇】

香典袋の差出人の書き方は、人数によって書き方が変わります。

香典袋の差出人の書き方 一人の場合
■個人(一人)の場合

差出人(一人の)名前を、(水引きの下)中央に記入します。


香典袋の差出人の書き方 連名の場合■連名の場合
少ない人数で連名にして出す場合、目上(もしくは上位の人)から順に
右から左へ記入
します。

別紙に全員分の住所・氏名を書き、中袋に入れます。

なお、この方法では表に書ける名前は3名まででしょう。それ以上の場合は、次のグループの場合を参照。


■グループ(4人以上)の場合
香典袋の差出人の書き方 グループの場合
多人数で署名を出す場合には、代表者の氏名の左側に小さく「他●名」または「外一同」などと記入します。

また会社・団体、部署等でまとめて出す場合は、「○○会一同」や、「株式会社○○営業部一同」のように、全体を表す名称だけを書きます。

別紙に代表者の住所と、代表者以外の氏名を連記して中袋の中に入れます。

別紙に記入する名前の順番についてはやはり、目上(もしくは上位の人)から順に右から左へ記入します。

中袋の書き方 【香典袋-マナー篇】

香典袋の中に入れる「中袋」(中包みともいう)には、住所・氏名、金額を書きます。

表には「金額を以下のような漢数字で書きます。

 (一)、(二)、(三)、(千)、(万)

例えば5,000円なら、「金五阡円」と書きます(金五千円でも一応可)。
10,000円なら、「金壱萬円」(金一万円でも一応可)。

香典の中袋の書き方 サンプル

中袋に入れるお金については、「4」や「9」の入った金額はできるだけ避けましょう。
金額のマナーについて   香典金額の相場

中袋の裏側には「住所と氏名を書きます。住所は、郵便番号を書くことも忘れずに。

※最近の市販の香典袋には、記入欄がついているものが多くなっています。
その場合は、記入欄の項目にそって書き入れてください。


※中袋へのお札の入れ方
向きを揃えて、お札の表側(顔のある面)が中袋の裏側になるように入れましょう
(上図参照)。 ※新札は避けるのがマナーです。

裏面の書き方 【香典袋-マナー篇】

香典袋の裏面の書き方 例
香典袋の裏面には下段に差出人の住所と金額を書きます。

左図は香典袋の裏面の絵です。
赤丸で囲ってる部分をご参照ください。


中袋がある場合には、住所や金額は中袋に記入します。
その際、裏面には何も書かなくて結構ですが、念のため
書いておいても差し支えはありません。

香典袋・上包み(裏側)の折り方